« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年6月

二海特 受験しました。

深夜までの一夜漬け(当日漬け)がたたり、電車を乗り過ごしたり、前日に受験票の写真を取り忘れるなど、いくつかのハプニングがありましたが、無事二海特を受験する事が出来ました。

Dsc00028

東京の試験会場である、中央区晴海の日本無線協会の本部。

試験会場は150人ほどが入れるほどの部屋でしたがほぼ満員で、年齢層も高校生から年配の方までまんべんなくいらっしゃるようでした。でも男女比率はほとんど男性で、女性は1割いたかどうか。それはともかく、もっと受験者は少ないのではないかと考えていただけに、意外でした。

試験は予定通り10:45から説明が行われ、11時に開始されました。 今日のために2年半分の過去問題をといて試験に臨んだおかげで、見たことのない問題は1問だけでした。しかし見たことのある問題でも理解はしていないので悩むところ多数....。 とはいうものの、法規が12問、無線工学が12問で、すべて4択の問題なので、11:30には悩みつくし、ちょうど退場可能な時間だったので退場しました。

問題用紙は持ち帰ることが出来るので、早速自己採点したところ確実に間違えた箇所は法学2問、工学1問だったので、たぶん合格できたのではないかと...。 2~3日後に問題と解答がWebで公開されるので、そこではっきりと合否がわかるはずです。

最後に日本無線協会を出ようとしたところ、様々な無線の資格の本を山積みにして販売していましたの寄ってみました。 アマチュア無線を始め、陸上・海上・航空など結構いろいろな資格がある物です。

その中で選んだのがこれ。

Dsc00043

ちょっと順番があべこべですが、2海特の教科書+1海特では必要な英語の教科書を購入しました。と言うか教科書があるなら始めっからそっちを買っていたのに、存在を見つけることが出来ていませんでした。

試験は暗記しただけに近いので、これからしっかり勉強しないと....。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第二種海上特殊無線技師を受験します。

昨年、制度が大幅に変わり、非常に導入しやすくなった国際マリンVHFですが、それでも買えば使える物でもなく、免許を持っていない人は操作する事が出来ません。
免許は講習を一日受けるか、試験に合格することで手に入れることが出来ますが、今回は試験を受けることにしました。

試験の申し込みをしたのが、4月14日。
受験票が届いたのが2週間ほど前。
そのうち勉強しようと思っていたら、試験が3日後に迫っていました(^^;

Dsc_0967
第二種海上特殊無線技師(通称「2海特」)受験票

あわてて

日本無線協会

のホームページにある過去問題をダウンロードして解いてみる。

なんとか法規は合格ラインを越えましたが、工学は半分ぐらいの正答率。
非常に簡単という話を聞いていたのですが、ちょっとなめてかかりすぎたようです。

試験は6月9日。
さて、合格できるでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »